不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン金利シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
不動産の税金
お部屋探しガイド
Rnetログイン

浜松市浜北区に「小松モデルハウス」をオープン 熱中症やヒートショックを防止する 全館空調の家「HiL(ハイル)」誕生!

「HiL」1 車の技術が進化したことで、交通事故による死亡者数が減少傾向にある。それと同じように、ヒートショックや熱中症などの家庭内事故も、住宅の性能を進化させることで防ぐことができるはず。そんな“命を守る家づくり”を提唱する『第一伊藤建設』が、全館空調システムを取り入れながらも1,000万円台で建てられる規格住宅「HiL(ハイル)」を発表、このほど浜松市浜北区小松にモデルハウスが完成した。24時間365日、家の隅々まで快適温度&新鮮空気で満たされる独自の空気コントロールシステムで家族の健康を守ると同時に、新築後のランニングコストを大幅に軽減。小松モデルハウスを訪ね、「HiL」の魅力について澤木係長に話を伺った。

■車と同じように住宅も性能を上げて人の健康を守る時代に

「HiL」2 冬のヒートショックが原因で、自宅の浴室や脱衣所などで命を落とす人の数は、年間の交通事故死者数の約5倍にもあたると言われている。夏に熱中症で病院に搬送される人の数は全国でおよそ5?7万人で、そのうちの約40%は自宅で発症しているという。つまり、断熱・気密・換気性能の低い家に住んでいると、命の危険につながりかねないということ。それだけ、家と健康は密接な関係にあると言えそうだ。

 近年の地球温暖化に伴い、気温が100年で約2℃、1年で約0.02℃上昇していると報告されている。しかも、私たちが暮らす静岡県西部地域は海、川、湖に近く、湿度も高いことから、夏の熱中症で体調を崩すリスクが全国的にも高いと言える。

 「ここ数年、交通事故による死者数が減っているのは、自動制御ブレーキや衝撃吸収ボディを始めとした車の技術が急速に進んだからだと思います。住宅も耐震構造だけでなく、健康で快適に暮らすための性能を強化しなくてはなりません。本来家族の命を守るシェルターの役割を果たすべきはずの家が、危険な場所になってしまっては本末転倒ですから」と澤木さんは語る。

 間取りや設備はリフォームでいつでも変えることができるが、性能はそう簡単ではない。だからこそ、最優先して考えるべきは、20年先まで見据えた高性能住宅にしておくこと。さらに、家が次世代の子どもたちにとってメ負債モとならないよう、ランニングコストを低く抑える性能を標準化することが重要となる。

■家族の健康を守り光熱費を抑える全館空調の家を1,000万円台で

「HiL」3 そんなコンセプトに基づいて建てられたのが、浜松市浜北区にこのほどオープンした「HiL 小松モデルハウス」(木造2階建て、3LDK)だ。その最大の特徴は標準装備の「全館空調(冷暖房換気)」で、エアコン1台で24時間365日、家中どこにいても5月の朝のように清々しく、空気もきれいに保つコントロールシステムである。

 その仕組みは、2階の空調室に設置したエアコンで空気を温度調節し、各階の床下階間へ送風する。送られたその空気が熱交換された新鮮な空気とともに、床面に設置したガラリから吹き上がり、家全体の温度を一定にキープ。温度調節された空気は、天井から空調室へ戻り、家中に行き渡るというもの。

 全館空調を導入するには200〜350万円位かかるのが一般的だが、HiLは格安で搭載できて、しかも『第一伊藤建設』グループのスケールメリットにより、建物本体価格を1,000万円台に抑えることができる。一般的に市販されている14畳タイプのエアコンを使用するので、日常の掃除が楽で、メンテナンス費用の負担も少ない。

「全館空調(冷暖房換気)」 さらに、Ua値(外皮平均熱貫流率)0.46、C値(隙間相当面責)0.3という国内トップレベルの超高断熱性能(HEAT20のG2グレード)を備え、未来パネル+トリプル樹脂サッシを併用したことで、より全館空調の効果を発揮している。

 夏は熱帯夜の寝苦しさから解放され、冬は命に係わるヒートショックから守ってくれるこの全館空調は、部屋ごとにエアコンを設置する必要がないため、エアコンからの送風を直接感じることがない。また、室内のデザインもすっきり見せることができる。エアコンが1台で済むため、とても経済的でランニングコストがかかりにくいのも主婦にとってはありがたい。

「HiL」4

■一年で最も暑い今だからこそモデルハウスで体感してほしい

 ここまで、全館空調の家「HiL」の特徴を説明してきたが、その心地よさや空気感をモデルハウスで体感してほしい。一年で最も暑い今なら、家中の涼しさを実際に体感することができる。

 家族が集まる機会が最も多いLDKだけでなく、玄関、廊下、洗面脱衣室、浴室、トイレ、2階の主寝室、子ども部屋に至るまで温度差がなく、24時間365日、薄着で快適に過ごせる快適な空間を感じとってほしい。

 建物のデザインは、ブラックガルバリウムのスタイリッシュな外観。室内はナチュラル&モダンなテイストでコーディネート。大容量の土間収納を備えた玄関ホール、玄関からリビングを通らずに浴室、脱衣室にアクセスできる動線、ダイナミックな吹抜けのリビング、カフェスタイルのキッチン、BBQや子ども用プールを存分に楽しめる大きなウッドデッキと庭など、家族が笑顔で楽しく暮らすためのアイデアがいっぱい詰まっている。建物本体価格は、全館空調+エアコン付きで1,850万円(税別)。

 「HiL」モデルハウスに隣接して、注文住宅「Primo(プリモ)」も同時公開中。デザインのテイスト、間取り、空気感の違う家と比較体感してみるのも面白い。見学希望者は同社ホームページの予約フォームから。

「HiL」地図

「HiL」コロナ対策

ボーダー

ボーダー

(2020.08)

問合せ/株式会社アドバンスフォワード tel:053-474-6601 mail:webmaster@mail.szt.co.jp

Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved.