不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン金利シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
不動産の税金
お部屋探しガイド
Rnetログイン

『千博産業』と『Casa』の街づくりが実現

  不動産事業部、制振事業部、建材事業部などの各種事業を展開する『千博産業』(本社/浜松市中区高丘西2丁目)が、初生町で5区画の分譲住宅を販売中。このほど、自然素材の家づくりで注目されている工務店『Casa』とのコラボレーションにより、建売住宅1棟(木造2階建て、敷地面積80.62坪、延床面積30.30坪)を販売開始した。『千博産業』が開発した制振装置「evoltz(エヴォルツ)」をはじめ、『Casa』の代名詞とも言える無垢材と塗り壁、構造計算、耐震等級3を標準仕様とした贅沢な造り。自然災害の不安が高まる昨今、地盤強固な初生町で、家族が永く安心して暮らせる住まいについてリポートする。

■ほんの小さな揺れから効く制振装置「evoltz」を開発した地元企業

evoltz 2007年、住宅業界にまだ「制振」の概念が浸透していなかった当時から、いち早く制振装置の自社開発に取り組んだ『千博産業』。2014年、世界有数の自動車メーカーがトップモデルとして選択する「ビルシュタイン社」に製造を委託し、世界最高品質の制振装置「evoltz」を発売開始。自動車の油圧式ショックアブソーバーを応用し、「バイリニア特性」を活かした木造住宅向け制振装置として業界初の特許も取得した。

 現在、国内では30種類以上の制振装置が販売されているが、「evoltz」は最も速く小さな揺れから減衰を始める。建物への衝撃をやわらげ、応力集中を避け、揺れを大幅に軽減する。また、繰り返しの余震でも性能が変わらず、振動エネルギーを何度でも吸収するのが特徴だ。

 そんな世界レベルの高性能、高品質の制振装置を販売する『千博産業』が、浜松市北区初生町に全5区画の分譲地を開発した。敷地面積は、209.39u(63.34坪)〜266.54u(80.62坪)というゆとりの広さ。三方原台地からつながる強固な地盤、閑静な住環境、小・中学校に近い立地条件、生活利便施設が豊富に揃う魅力的なロケーションということもあり、早い段階から注目を集めている。

現地案内図

■オール自然素材で木の家をつくる『Casa』とコラボした建売住宅

 建物はすべて地元工務店『Casa』の設計によるもの。分譲地をひとつの「街」としてトータルにプランニングし、緑豊かな初生町の景観に合わせて『Casa』が設計、施工を請け負う。

『Casa』施工写真 『Casa』といえば、派手さはないけれど、形はシンプルでも味わい深く、毎日がちょっと楽しくなるような家づくりが特徴。無垢のフローリング、塗り壁の外壁、セルロースファイバー、植物性天然塗料を標準仕様とし、どれも手入れしやすく長持ちする自然素材で、時とともにアンティークのような風合いを増していく。

 さらに全棟構造計算、耐震最高等級3、制振装置「evoltz」を標準化した安心・安全な性能も担保。2007年の創業以来、一貫してブレることなく、それぞれの家族にぴったり合う、オートクチュールのような心地いい木の家をつくり続けている。

 現在建設中の建売住宅は、敷地面積80.62坪、延床面積30.30坪で、家族3〜4人が暮らすにはちょうどいい大きさ。ナチュラルテイストの吹抜けのリビング、ウッドデッキ、広めの洗面脱衣室、部屋干しもできる2階のフリースペース、さらに、共働き・子育て夫婦にやさしい家事ラク動線や適量適所の収納も魅力だ。この立地にこの建物仕様(フラット35S対応)で販売価格が4,365万円(消費税込、諸経費別)というコストパフォーマンスも嬉しい。

『Casa』とコラボした建売住宅イメージ

■工場生産により高い品質を確保。天竜材でできた「大型パネル」を使用

 構造上の主な特徴として、パネルに最初から断熱材とサッシが付いている「木造大型パネル」を採用した。天竜杉の柱と梁、間柱、断熱材、外壁面材、透湿防水シート、さらにサッシまで一体になったパネルを工場で生産し、現場で組み立てるため、天候や大工職人の数に影響を受けることなく、確実に、頑丈に上棟が完成する。

大型パネル 今や、現場で大工が重い下地材を張ったり、高性能化のために重量化しているサッシを取りつけるのは重労働になっているが、この一連の作業をすべて工場で行い現場に運んでくるため、品質に誤差がほとんど発生しないのが特徴だ。

 パネルを集成材ではなく地元天竜材でつくったのは、単に「森を守りたいから」という理由だけではなく、地域材パネルを合理的につくることにより、職人の雇用を含めた地域循環を促進し、その結果として地元の森林を豊かにしたいという想いがあるという。

 現在販売中の建売住宅1棟は来春の完成予定。既に申し込みを受付中だが、物件に関する詳しい資料は下記まで問い合わせを。

■物件概要
●浜松市北区初生町1136-13他●交通/JR浜松駅からバス26分、「初生小学校」バス停から徒歩2分●開発面積/1,210.46u●総区画数/5区画●地目/宅地●都市計画/市街化調整区域(市街地縁辺集落制度区域内)●建ぺい率/60%●容積率/200%●開発行為許可番号/浜都土(開)第30H-68号(平成31年3月25日)●造成工事完了済 〈建売住宅概要〉●販売戸数/1戸●土地面積/266.54u(80.62坪)●私道負担なし●建物面積/100.19u(30.30坪)●構造/木造2階建●建築確認番号/第H31確認建築静建住ま08643号●建物完成年月/2020年4月予定●販売価格/4,365万円(税込)●道路幅員/南側公道6.43m●設備/公共上下水道、都市ガス、中部電力●取引態様/売主

【お問い合わせ先】

お問い合わせ先

(2019.10)

お問合せ/株式会社アドバンスフォワード tel:053-474-6601 mail:webmaster@mail.szt.co.jp
Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved.