不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン金利シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
不動産の税金
お部屋探しガイド
Rnetログイン

風が吹かない、音がしない、次世代の冷暖房システム「光冷暖」がインフィルプラスから

 『インフィルプラス』(浜松市西区志都呂)のモデルハウス「MONO-House」が新しい冷暖房システム「光冷暖」を採用し、このほどリニューアルオープンした。エアコンのような風を感じることなく、音もしないなど、これまでの空調設備とは一線を画す、健康重視の次世代型冷暖房システムをモデルハウスで実際に体感してみた。

■輻射式パネルの遠赤外線で“常春”の快適空間を実現

遠赤外線の共鳴反応は、全ての部屋に広がる 7月の蒸し暑い日、モデルハウスの玄関を入ると、ひんやりとした空気に包まれた。冷風を浴びるのではなく、まるで高原のような爽やかな涼しさが気持ちいい。リビングのどこを見てもエアコンがなく、間仕切りのようなラジエーター(輻射式パネル)が設置してあるのみ。この中に約10℃の水を入れて循環させることで家全体を冷暖房し、体感温度をコントロールするのが「光冷暖」システムだ。ラジエーターに触れると冷蔵庫の中のように冷たくて、一面に細かい水滴が付いている。

 では、「光冷暖」の仕組みについて具体的に説明しよう。1.特殊セラミックでコーティングされたラジエーターの表面から遠赤外線が放吸射される。2.ラジエーターと同じセラミック加工を施した壁や天井に共振・共鳴反応が起こる。3.そこに人が入ると、遠赤外線による熱の移動が起こって体感温度をコントロールし、常春のような快適空間をキープするというシステムだ。

 ラジエーターの水は、屋外に設置した熱効率の高いヒートポンプ式冷温水システムで作り出して循環させるため、室内の作動音がしないのが特徴。遠赤外線の共鳴反応は、セラミックが塗られた全ての部屋に広がるため、玄関やトイレ、廊下、洗面室など、リビング以外でも同じ冷暖房効果を得られる。

「光冷暖」システム

■送風に頼らない「光冷暖」ならではのメリット

「光冷暖」施工イメージ 「光冷暖」にはさまざまなメリットがある。エアコンや扇風機のように、送風によって空気を冷やしたり、暖めたりしないため、風の直撃による不快感やだるさを感じない。風が吹かないので、ホコリやダニ、花粉が舞うこともなく、常にクリーンな空気環境を実現すると同時に掃除もラクになる。また、マイナスイオンが増加することで消臭効果が高まるため、新築やペットの匂いがしないという利用者の声も多い。

 夏場は空気中の湿気がラジエーターの表面で結露するため、室内の空気が除湿され、不快感の低減につながる。一方、冬場は過乾燥を抑えられるので、ウィルスの感染を防ぎ、風邪を引きにくくなるほか、エアコン暖房にありがちな足元が寒く、顔がほてるということもない。モデルハウスの床を触ってみれば実感してもらえるだろう。

 また、外気温に応じて家全体の“体温”を整えるので、部屋間の温度ムラがなく、熱中症やヒートショック対策にも効果を発揮する。このように、「健康第一の冷暖房」を目指して開発されているので、クリニックや保育園などでも多く採用されているのも納得できる。本気で家族の健康を考えるなら、新築はもちろんのこと、リフォームでも「光冷暖」の導入を検討してみてはいかがだろうか。

■「光冷暖」の心地よさをモデルハウスで体感!

「MONO-House(モノ・ハウス)」 BOX型の外観フォルムやシンプルな内装デザイン、可変性の高い間取り、上質な素材など、『インフィルプラス』のコンセプトを凝縮し誕生したモデルハウス「MONO-House(モノ・ハウス)」。1階は、家族がどこにいても様子が見える位置にキッチンを配置し、床には天然木のアカシアを採用。2階は、ラグジュアリー&ホテルライクなサニタリーが際立ち、ガラス張りの浴室から洗面所、バルコニーへと一直線に繋がる便利な家事動線を確保している。

 このような洗練されたデザインが特に注目を集める同社だが、壁や筋交いに頼らない強靭なSE構法や今回紹介した「光冷暖」といった構造・性能にも力を入れており、家族が健康で快適に暮らせる安心の家づくりを提案していることを強調しておきたい。

 無風・無音で家中を快適な温湿度に冷暖房できる「光冷暖」の心地よさは、言葉で説明するよりも実際に感じてもらうのが一番わかりやすい。ぜひ、同社のモデルハウス「MONO-House」で体感してみてほしい。本当に住みやすい家、本当に心地いい家、本当に満足する家を建てるには、何が大切なのかを考えるきっかけにもなる。

 見学は予約なしで可能。定休日は毎週水曜日、営業時間はAM10時〜PM6時。

news

モデルハウス案内図

ボーダー

【お問い合わせ先】

お問い合わせ先

ボーダー

(2019.07)

Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved