不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン金利シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
不動産の税金
お部屋探しガイド
Rnetログイン

 環境省は、賃貸住宅からのCO2の大幅な削減を目指し、国土交通省と連携して、2016年度の予算要求で「賃貸住宅における省CO2促進モデル事業」に25億円を要求。来年度から省エネ基準を超える高効率の機器を賃貸住宅に導入した場合、最大で費用の2分の1を補助する計画だ。

賃貸住宅への高効率の省エネ機器等の導入に
最大で費用の2分の1を補助。

 環境省は、地球温暖化対策として2030年度までに温室効果ガスを2013年度比で26%削減する目標を掲げるが、家庭部門の排出削減は進んでいないのが現状。そこで来年度から3年間をかけ「賃貸住宅における省CO2促進モデル事業」を実施し、合わせて省エネ性能の高いエコ賃貸住宅を、入居希望者が住宅情報誌や民間の検索サイトで見つけられる仕組みをつくる方針だ。

 CO2の削減では、個々の住宅は低炭素化技術は確立しているものの、新規着工件数の約4割を占める賃貸住宅では、賃料アップや入居者獲得につながらないため、市場展開が遅れている。そこで省CO2性能に優れた賃貸住宅の供給を促すため、オーナーに対して現在の省エネ基準を超える高効率の機器を賃貸住宅に導入した場合、最大で費用の2分の1(上限額:60万円/戸)を補助する。

 省エネ機器は、高効率のエアコンや給湯器の導入、LED照明や高断熱の窓ガラスの設置などが省エネ化に効果的とされる。太陽光パネルを設置すれば、エネルギー消費を減らすだけでなく、再生可能エネルギーの利用で光熱費を減らすことができる。

 またこうした設備の導入により得た利点を「ネット」や「情報誌」などの賃貸物件選びの条件に加えることで、最終的には「環境基本性能の高い賃貸住宅の入居率向上」につなげることを目指すとしている。

 エコ賃貸住宅イラスト

賃貸住宅における省CO2促進モデル事業イメージ

(2015.10)

ボーダー

株式会社静岡情報通信 Copyright (C) Publication &Advertising Agency Shizuoka Information Communications. All rights reserved.