不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン金利シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
不動産の税金
お部屋探しガイド
Rnetログイン

住宅ローン最新事情

 住宅金融支援機構はこのほど、2015年3月から2015年6月までの間で、民間住宅ローンを借入れた人を対象に、インターネットによるアンケート調査を実施、その結果を公表した。調査の内容は「利用した住宅ローンの金利タイプ」や「住宅ローン選びに関する事項」について収集、1,009件の回答を得た。

金利タイプ
■「全期間固定型」の利用割合は38.0%と増加、「変動型」は減少。

 「全期間固定型」の利用割合は、38.0%と前回調査の27.1%から大幅に増加した。

一方、変動金利型は35.8%(前回調査41.7%)と減少。固定期間選択型も26.3%(前回調査31.3%)と減少した。金利が最低水準にあるなか、将来の金利上昇を見据えた動きが見られる結果だった。

金利タイプ

 

【借入先別】
都銀・信託、地銀、信金で「変動型」から「固定」への動き !

 金利タイプを借入先別で見ると、都銀・信託銀行をはじめ、地銀や信金で「変動型」や「固定期間選択型」から「全期間固定型」

へシフトする動きが見られた。

 一方、労金やJAバンクでは全期間固定型への動きは見られず、「固定期間選択型」が減少した分、「変動型」が増加するという結果だった。

 

借入先別

 

【年齢別】
「全期間固定型」の利用割合は20歳代で半数強の54.4%。

 住宅ローンの利用状況を年齢別にみると、今回はすべての世代で「全期間固定型」の利用者が増加した。中でも20歳代では54.4%と前回調査の28.3%を大きく上回った。また20歳代では「固定期間選択型」(17.1%)や「変動型」(28.3%)と利用割合が他世代に比べ最も少なかった。

 一方、50歳代では「全期間固定型」と「変動型」の利用割合がともに約4割を占めた。

 比較的人気の高い固定10年は、いずれの世代でも減少した。

 

年齢別

【比較検討した金利タイプ】
「変動型」が大幅に減少し「全期間固定型」が増加 !

 住宅ローンの借入にあたって比較検討した住宅ローンの金利タイプでは、全期間固定型が前回調査の24.1%から今回は33.6%と大幅に増加した。固定期間選択型は総じて減少するなか、変動型は前回調査の31.2%から15.4%へ大幅に減少した。「比較検討した住宅ローンはない」とする回答は前回調査の37.1%から47.5%に増加した。

 

比較検討した金利タイプ

金利の見通し
「現状よりも上昇する」が変動型で増加 !

 今後1年間の住宅ローン金利の見通しをみると、全体では「ほとんど変わらない」とする見方が前回調査から4.6ポイント減少したものの50.6%と過半を占めた。「現状よりも上昇する」は前回調査とほとんど変わらず約3割を占めた。また「現状よりも低下する」は1.3ポイント減少し5.9%だった。

 金利タイプ別にみると、「現状よりも上昇する」が全期間固定型では前回調査の42.6%から31.9%に減少し、変動型では前回調査の21.7%から26.3%に増加した。

金利の見通し

金利上昇への対応
■「金利負担が大きくなれば全額完済」が固定期間選択型で増加!

 金利上昇に伴う返済額増加への対応については、固定期間選択型で「金利負担が大きくなれば、全額完済する」が前回調査の21.1%から26.0%に増加、また「返済額圧縮あるいは金利負担軽減のため一部繰上げ返済する」と答えた人は35.5%を占めた。一方「見当がつかない、わからない」は、変動型で24.1%と前回調査の17.6%から24.1に増加した。

 

金利上昇への対応

満足度
■ 民間住宅ローンに過半数が「大いに満足」「やや満足」と回答

 民間住宅ローンに対する満足度では、融資額、金利水準、申込みから融資実行までの事務手続き、金融機関の商品説明、住宅販売事業者の情報提供など5項目について調査。その結果すべての項目において前回調査と同様に「大いに満足」「やや満足」と回答。特に融資額や金利水準では半数以上の人が「大いに満足」「やや満足」と回答している。

 

満足度

ボーダー

民間住宅ローン利用予定者の実態調査

 住宅金融支援機構は、民間住宅ローン利用予定者の実態調査で、今後5年以内に住宅を取得する予定の人を対象にインターネットによるアンケート調査(2015年6月)を実施、その結果を取りまとめた。民間住宅ローン利用予定者1,146件を調査対象とした。

希望する金利タイプ
■「変動型」の希望割合が増加に !

 希望する金利タイプは、前回調査に比べ「全期間固定型」で2.3ポイント減少し35.6%、「固定期間選択型」で1.5ポイント減少し37.4%だった。

 一方、「変動型」は前回調査より3.9ポイント増加し27.1%だった。

 希望する金利タイプ

住宅ローン金利の見通し
■全ての金利タイプで「現状よりも上昇する」が増加!

 今後1年間の住宅ローン金利の見通しでは、全体で「現状よりも上昇する」と思う割合は前回調査より4.3ポイント増加し38.0%だった。「ほとんど変わらない」とみる割合も2.4ポイント低下し36.3%に。一方「現状よりも低下する」は0.7ポイント減少し6.4%に、「見当がつかない」も1.1ポイント減少し19.4%だった。

住宅ローン金利の見通し

住宅の買い時意識
■「今は買い時だと思う」が39.2%に減少 !

住宅の買い時意識 住宅の買い時意識では、「今〈今後1年程度〉は住宅取得のチャンス(買い時)だと思うか?」との問いに対して、そう思うと回答した人は前回調査の50.2%から今回は39.2%に大幅減少した。また(買い時)だと思う理由は、「住宅ローン金利が低水準だから」が78.4%と高い割合を示した。

今は買い時だと思う理由

ボーダー

(2015.10)

株式会社静岡情報通信 Copyright (C) Publication &Advertising Agency Shizuoka Information Communications. All rights reserved.