不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン金利シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
不動産の税金
お部屋探しガイド
Rnetログイン

■主要都市の地価が97地区で上昇、緩やかな上昇基調が継続
上昇地区が5期連続で9割を上回る 【2019年第1四半期の地価LOOKレポート】

 国土交通省が6月7日に発表した三大都市圏と主な地方都市の四半期ごとの高度利用地地価動向報告(第1四半期:2019年1月1日〜4月1日)によると、商業地と住宅地計100地点のうち97地点が上昇。3期連続で上昇地区が9割を上回る結果となった。

上昇・横ばいの地区数の割合の推移 上昇地区のうち0〜3%の緩やかな上昇を示したのは68地区(前期70地区)。3〜6%の比較的高い上昇を示した地区は、(札幌市)駅前通、宮の森、(仙台市)錦町、中央1丁目、(千葉市)千葉駅前、(東京都)歌舞伎町、渋谷、(横浜市)横浜駅西口、(名古屋市)太閤口、伏見、久屋大通駅周辺、金山、(京都市)京都駅周辺、河原町、烏丸、(大阪府)西梅田、茶屋町、中之島西、北浜、心斎橋、なんば、新大阪、福島、江坂、天王寺、(神戸市)三宮駅前、(福岡市)博多駅周辺、(熊本市)下通周辺、(那覇市)沖縄県庁前など29地区で、なかでも前期から上昇幅が拡大(0〜3%→3〜6%)したのは(札幌市)宮の森と(大阪府)天王寺の2地区。下落地区は見られなかった。

 国交省では上昇の主な要因として、1.空室率の低下、賃料の上昇などオフィス市況が好調なこと、2.再開発事業の進展による魅力的な空間・賑わいが見られること、3.訪日外国人の増加に伴い消費・宿泊需要が旺盛なこと、4.利便性の高い地域等でマンション需要が堅調なこと、などを挙げている。

 

(2019.7)

Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved.