不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン金利シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
不動産の税金
お部屋探しガイド
Rnetログイン

■2月の不動産価格指数(住宅総合)、対前年同月比2.2%の上昇!
第4四半期の(商業用不動産総合)は、対前年同期比1.7%減少 【国土交通省】

 国土交通省が5月29日に発表した2019年2月の不動産価格指数(住宅)によると、 全国の住宅総合指数は2010年度平均を100として、2月は114.2、対前年同月比で2.2%の上昇となり51ヶ月連続で上昇していることがわかった。

 このうちマンション指数は148.8、同6.9%の上昇。住宅地は101.1、同1.3%の上昇、戸建住宅は101.9、同1.6%の減少となった。

 また2018年第4四半期分の商業用不動産総合指数は120.1、対前年同期比1.7%の減少となり、2012年7〜9月分から25期ぶりに減少に転じた。

 用途別では店舗は139.8、オフィスは135.7、倉庫は119.6、工場は102.0、マンション・アパート(1棟)は131.5だった。これらを総合した建物付土地総合指数は130.5、対前年同期比は0.9%の減少となった。また商業地は102.7、工業地は95.0となり、これらを総合した土地総合指数は99.4、対前年同期比は2.9%の減少となった。

 同指数は、年間約30万件の住宅・マンション等の取引価格情報をもとに、毎月の不動産価格を指数化したもの。

不動産価格指数(住宅総合)

不動産価格指数(商業用不動産総合)

(2019.6)

Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved.