不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン金利シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
不動産の税金
お部屋探しガイド
Rnetログイン

■住宅確保要配慮者専用賃貸住宅改修事業の募集を開始
空き家等を改修してセーフティネット住宅とする事業者を支援 【国土交通省】

 国土交通省は5月22日から住宅確保要配慮者専用賃貸住宅改修事業の募集を開始した。

 同事業は、住宅に困窮する子育て世帯や高齢者世帯等の住宅確保要配慮者の増加に対応するために、既存住宅等を改修して住宅確保要配慮者専用の住宅とする民間事業者に国が費用の一部を補助するもの。

 補助率は改修工事の1/3で、補助限度額は1戸につき上限50万円(下記の補助対象工事のいずれかを実施する場合は上限100万円)。事業の主な要件は、1.住宅確保要配慮者専用の住宅として登録すること、2.公営住宅に準じた家賃の額以下であること、3.住宅確保要配慮者専用住宅としての管理機関が10年以上であること、などが挙げられている。

 補助対象となる工事内容は、1.共同居住用の住居とするための改修・間取り変更、2.バリアフリー改修(外構部分のバリアフリー化含む)、3.防火・消火対策工事、4.子育て世帯対応改修工事、5.耐震改修、6.居住のために最低限必要と認められた工事、等となっている。

 交付申請書類はスマートウェルネス住宅等事業推進室(〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-25精和ビル5階)のwebサイトで入手。応募・交付申請書は2020年2月28日(金)までに郵送にて提出する。

(2019.6)

Copyright (C) ADvance Forward Co.,Ltd. All Rights Reserved.