不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン金利シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
不動産の税金
お部屋探しガイド
Rnetログイン

■7月1日時点の土地価格実感値が全地域でプラスに
中部のDI指数は7回連続プラス 【公益社団法人全宅連不動産総合研究所】

 全宅連不動産総合研究所が2018年7月期の「不動産価格と不動産取引に関する調査報告書〜第10回不動産市況DI調査〜」の結果を公表した。この調査は年4回、都道府県宅建協会より推薦されたモニター会員1000社を対象に実施しているもの。

 土地価格実感値は全国で10.4p、11回連続でプラスとなった。3ヵ月後の予測値は関東地区以外の地域でプラスとなっているが、7月1日時点の実感値よりやや下がる。

 中部を見てみると、「土地価格の動向は3ヵ月前と比較してどのように感じるか」という質問に対し「大きく上昇している」「やや上昇している」を合わせた回答が22.9%を占め、DI指数は10.0pで7回連続のプラスとなった。土地の取引件数については26.4%が「上昇している」と回答(DI指数4.4%)。「大きく上昇している」「やや上昇している」の合計割合は、[新築戸建住宅]取引価格21.2%、取引件数16.1%、[中古戸建住宅]取引価格12.1%、取引件数15.1%、[新築マンション]取引価格30.8%、取引件数7.7%、[中古マンション]取引価格14.3%、取引件数21.4%だった。

土地価格動向DI予測値実感値

出典:全宅連不動産総合研究所 「関不動産価格と取引に関する調査報告書」

DI指数について

土地価格の動向

土地の取引件数の動向

(2018.9)

株式会社静岡情報通信 Copyright (C) Publication &Advertising Agency Shizuoka Information Communications. All rights reserved.