不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン金利シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
不動産の税金
お部屋探しガイド
Rnetログイン

■ 「不動産は買い時」との回答は44.6%。
 不動産情報サイト「ノムコム」が住宅購入に関する意識調査(第12回)を実施
【野村不動産アーバンネット】

 野村不動産アーバンネット(東京都新宿区)は、1月12日〜19日に掛けて全国の「ノムコム」会員約178,000人を対象に、住宅購入に関する意識調査(第12回)を実施、2月2日に調査結果を公表した。有効回答数は 1,339人。

 それによると不動産の買い時感について、「不動産は買い時」との回答は44.6%と前回調査より3.5ポイント減少した。一方、「買い時だと思わない」の回答は31.2%(前回比3.4ポイント減)で、「買い時だと思う」と「買い時だと思わない」の回答がともに減り、「わからない」の回答が増加した。買い時だと思う理由については、「住宅ローンの金利が低水準」が最も多く68.7%、「今後、消費税の引き上げが予定されている」44.9%、「今後、住宅ローンの金利が上がると思われる」32.3%とつづく。

 

不動産の買い時感について

買い時だと思う理由

 

 不動産の価格について、「今後、不動産の価格はどうなると思いますか」との問いでは、「上がると思う」は23.2%となり前回比で1.4ポイント減少した。「横ばいで推移すると思う」は35.1%で前回比1.4ポイント増加、「下がると思う」が27.3%で前回比3.4ポイント減少した。上がると思う理由は、@増税前に買いたい人が増え、需要が高くなるためA低金利政策が続き、銀行の融資が積極的になるからB2020年東京オリンピックまでは首都圏中心に上がるからC円安になり、材料費の値段が上がるから…などが挙げられた。横ばいで推移すると思う理由には@材料費高騰により不動産価格は下がりづらくなる一方、消費者の購入意欲が積極的でないためA株価の変動がよめないため、様子見をする人が多いと思うから…などが挙げられた。下がると思う理由は@価格が上がり、普通のサラリーマンでは手が出にくい価格になっているためA人口と世帯数が減少し、所得が伸び悩むため…としている。

 

不動産の価格について

 

 

 住宅ローンの金利については、「金利は上がっていくと思う」が36.1%で、前回比13.6ポイント増加した。「ほとんど変わらないと思う」は45.7%で前回比で13.7ポイント減少し、「金利は下がっていくと思う」は4.3%で4.0ポイント減少した。

 「住宅ローンを借りるとしたら、どの金利タイプを選びますか」との問いでは、「変動金利」が24.9%で前回比5.9ポイント減少。続いて「固定期間選択金利」が32.0%、「全期間固定金利」が23.4%となった。

 

住宅ローンの金利について

 

 最後に現在、持家(一戸建て・マンション)にお住まいの方のうち、 売却する意向がある方(33.6%)に対して、不動産の売り時感を伺ったところ、「売り時だと思う」「どちらかと言えば売り時だと思う」を合わせると71.7%が「売り時」と回答。東京都在住の方に絞ると「売り時」は86.3%だった。

 売り時だと思う理由は、「不動産価格が上がったため」の回答が最も多く46.0%、次いで、「住宅ローンが低金利で買主が購入しやすい環境だから」が40.1%、「今なら好条件で売却が期待できるから」が35.8%、「今後、不動産価格が下がると思われる」が25.1%、「自分のライフステージからみて売却のタイミングである」が22.5%、「今後、消費税引き上げが予定されている」が15.5%などとつづいた。

 

売り時だと思う理由は

 

(2017.02)

株式会社静岡情報通信 Copyright (C) Publication &Advertising Agency Shizuoka Information Communications. All rights reserved.