不動産だよりロゴ

【静岡県西部地区・浜松市近郊一円の不動産物件検索サイト】

ホームサイトマップお問合せ

TOP・物件検索
ニュースファイル
住宅ローン金利シミュレーション
不動産購入ガイド
不動産売却マニュアル
不動産の税金
お部屋探しガイド
Rnetログイン

■ 【1月】 固定10年の最優遇金利、大手行揃って0.05%引き上げ
 フラット35は返済期間21年以上で最低金利を0.02%引き上げ !

 1月の住宅ローン金利は、指標となる長期金利が上昇したことを踏まえ、大手行が揃って固定型10年の最優遇金利を0.05%引き上げた。

 みずほ銀行と三井住友銀行は0.85%に、三菱東京UFJ銀行は0.95%、りそな銀行は0.90%とした。また三菱UFJ信託は0.61%に、三井住友信託は0.50%と大手行の中では最も低い金利を提示している。

 一方、短期プライムレートが指標に用いられる変動型は横ばいが続いている。変動型の最優遇金利では三菱UFJ信託が0.575%からと最も低い金利を提示している。

 

「フラット35」返済期間21年以上は2カ月連続で上昇!

 長期固定型住宅ローン「フラット35」は、融資率9割以下の場合で返済期間21年以上35年以下は前月に比ベて最低金利は0.02%高い1.12%となった。金利の上昇は2カ月連続。指標となる長期金利がやや上昇したのが主因だ。

 一方、返済期間20年以下の最低金利は0.01%低い1.02%となった。

 

1月の住宅ローン金利

(2017.01)

株式会社静岡情報通信 Copyright (C) Publication &Advertising Agency Shizuoka Information Communications. All rights reserved.